スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ザ・ヘル、ネクストステージ』 

PDVD_013.jpg
PDVD_012.jpg



アルゼンチン発の女子が変態親父らに復讐するこの作品、期待はしてなかったけど、なかなかの逸品。
とにかく陵辱シーンが観るに耐えない、と思う。親父らの人間ハンターが執拗に追ってくるけど、一人又一人女子が
殺されながらも残りの女子が変態ハンターにリベンジ!!『鮮血の美学』を彷彿させるこの映画。やる時にはやるぜ!!

スポンサーサイト

『サバイバル・オブ・ザ・デッド』 





悪魔のえじきなどで知られるドイツスプラッターの鬼才アンドレアス・シュナースがはちゃめちゃにやっちゃいました!!

西暦1002年ルーマニア、自分を処刑した村人に復讐を誓い、その恨みの強さから現代に蘇った黒い騎士ニコス。赤子をひねり潰すように易々と人を殺す騎士の姿を前に、N.Y.の街はパニックに陥る

ナンデスかこれはもうわけがわからない!!ただスプラッターがしたいだけ!!な感じがします。現代に蘇ったニコス(シュナース監督本人!!)一室に閉じ込められた学生は皆殺し、街にも繰り出してDVDからヒトラーだかなんだかを蘇らせたりしちゃったりして、得意の忍者ももちろん出てきます!!意味が不明だけど…。撮影のうまさ下手さなんてさておき俺がやりたいのは人体破壊じゃ~!!とゆわんばかりに大剣を振り回しバッサバッサと破壊していきます、う~んわんだほ~ドイツバンザイ

『影なき淫獣』 





<あらすじ>
ジェーンは、ペルージャで美術を学ぶアメリカ人留学生。彼女の平和な学生生活は、血生臭い連続女学生殺人の影に覆われる。被害者の死体は、いずれも無残に切り裂かれていた。第二の被害者の首に巻きついていたスカーフは、加害者が絞殺に用いた凶器とされた。ジェーンの級友ダニエラは、それがしつこく言い寄ってくる男子学生の物にそっくりだと気づくが、犯人から口止めの電話を受ける。身の危険を感じたダニエラは、叔父の勧めに従い、同級生の女学生2人と共に田舎町の別荘へ避難し、ジェーンも遅れて3人に落ち合う。だが、ジェーンは着いて早々、階段から転落し右足をくじいてしまう。その夜、2階の個室で1人先に休んだ彼女は翌日見たのは、殺人鬼が友人達の死体をノコギリで切り刻む光景だった。!

<見所>
これはジャーロ映画ですね、犯人はだれかよりも女子学生がいかに淫らにビッチに殺される、もちろん犯人ジャーロ特有の黒い身なりに黒い皮手袋、帽子はかぶっていないものの顔にマスクを被ってます。犯人は昔のトラウマで殺人を犯してるんですね。なにしろ美女達の裸体はもちろんの事レズビアンな行為もでてきて本当にエロチックです。死体を切り刻む光景はなんとなくですが見せてくれます。しかし死体の美しい事ったら、さすがジャーロ映画です。監督はセルジョ・マルティーノ

『ついてない男』 





<あらすじ>
盗みのプロのリッチーは、オークション会場でダイヤモンドの強奪を図るも、交通事故に遭ってあえなく失敗。雇い主のグロズヌイに名誉挽回のチャンスとして与えられた次の仕事は、モスクワのマフィアから黄金の十字架を奪ってくること。もう後がないリッチーは、現地のプロふたりと組んで仕事にとりかかるも、気の短いひとりが殺人を犯してしまう。警察の罠によって、未使用のフロアーに閉じこめられたリッチーたちと、エレベーターに乗りあわせた民間人。だが、そのフロアーには、さらにやっかいな人物が潜んでいて…。
<みどころ>
これは犯罪スプラッターコメディかな。いきなり犯罪ものからスプラッターへとなるのでビックリ、青年の首がハサミでチョンパ!!そしてワケのわからない異常に武装した殺人鬼が音楽と共に登場してさらにびっくり、そこから巻き起こる珍騒動、 変な魔女めいた女達(実は殺人鬼と姉弟)とか変に軍隊意識の強い男がいたりして、弱い男もいきなり軍隊意識に目覚めたりして、ブラックなユーモアあふれた作品です。一体このビルの14階にはなにがあったのでしょうか…犯罪ものだと思って観れば、ぜんぜん違う、内臓もでてきますし、腕は切り取られますし、火達磨にもなります。しかしこの主人公のひょうとひょうとした感じは私は好きです。 最後のなにもなかったよーに立ち去る主人公が又いいですね、実はひそかに秘密がうちあけられたりして驚愕(タブン)

『フロンティア』 





大統領選に端を発した暴動に荒れるフランス。移民系の若者5人は暴動に紛れて強盗を実行、二手に分かれてオランダへ渡ろうとしていた。アレックスとヤスミンは強盗で負傷したサミを病院に届けるが、サミはそこで死んでしまう。一方先行していたファリッドとトムは国境近くの小さな宿屋に泊まり、美女二人に思わぬ歓待を受ける。しかし、その宿はナチスを信望する家族の宿で、彼らは宿泊客の監禁・殺害を繰り返していたのだった。 フランスとオランダの国境にある屋敷を舞台にしたスプラッター・スリラー。強盗を犯して国外へと渡ろうとする4人の若者が、ナチスを信奉する一家の罠にかかり追い詰められていく様子を映し出していく。描写はひたすらに強烈で凄惨。顔を覆いたくなる映像の数々が観る者の脳髄を刺激し続け、ナチス一家の倒錯した思想が感情を揺さぶり続ける。そしてその先に待つ血と狂気の世界には、人種を多数抱える国家の問題が透けて見えてくる。ヒロインのヤスミンを演じたカリーナ・テスタは恐怖に怯え、絶望に打ちひしがれる女性を生々しく表現。監督のザヴィエ・ジャンは本作が長編デビュー作。
鬼畜一家の中に入ってしまった若者達の必死の死闘!!さすがフランス容赦がない。 ラストの主人公の戦いぶりも必見
【猪熊 潤蔵】会長
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。